飾り線上

WiMAXサービスを提供するプロバイダの中

飾り線下
WiMAXサービスを提供するプロバイダの中でも、ちょっと変わっているのが3WiMAXってプロバイダです。



WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAX系統のものが殆どなのですが、3WiMAXの場合はKDDIのWiMAXサービスを取り扱っています。

なので、3WiMAXにはラインナップされているWiMAX端末の種類が、UQ WiMAX系列のプロバイダとは全然異なります。
具体例を出すと、3波のキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出るUSBサイズのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01は、UQ WiMAX系列のプロバイダではランナップされていません。GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約時に付いて来るオプションサービスの中には、Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションと言う月額料金362円のサービスもあります。


このオプションサービスは何なのかと言えば、ワイヤアンドワイヤレス社の提供しているWi2エリアとUQコミュニケーションズ株式会社の提供しているUQ Wi-Fiエリアを利用出来るサービスの事です。
サービス対象となるアクセスポイントは全国に10
000ヶ所以上存在していて、駅や空港やバス、飲食店やホテルなどと言った場所で利用する事が出来ます。



Wi2エリアの中では別途1時間利用ごと100円掛かるオプションエリアチケットを購入する必要のあるエリアがありますが、オプションエリアチケットを購入した金額分はGMOポイントと言う形で還元して貰えます。Broad WiMAXとは株式会社LinkLifeが運営するWiMAXサービスでして、その中でも月額最安プランが印象的だったりします。
月額最安プランと言う料金プランの特徴を挙げるとすれば、月額料金が安い分初期費用が必要となる点にあります。

ですけど、一定の条件を満たす事で初期費用が無料になるWeb割と言うキャンペーンが行われていますので、結果的に初期費用は支払う必要が無くなります。
他にも、好きな時に他のインターネットサービスに乗り換える事が出来るご満足保証と言う制度があったり、WiMAX端末が最短で契約したその日中に発送されると言った部分もBroad WiMAXの特徴となっています。

WiMAXサービスを利用していて思うメリットは、幾つか思い浮かびます。具体例を挙げると、モバイル通信と言う事で、どこからでもネット回線へのアクセスが出来ると言う点です。
次いで、モバイルインターネットですから、ネット開通に伴う工事は不要です。
なおかつ、モバイル回線って事で、低負担のインターネットサービスと言えます。
更に、帯域制限が厳しくない部分も、WiMAXを導入する際の利点と言えます。



インターネットサービスの契約をしようと今の業界を調べてみましたが、じわりじわりとモバイル業界の人気が高まる傾向にあります。好きな場所からインターネットにアクセスする事が出来ると言う自由度があって、利便性と言う点では大幅に向上しています。
とは言えどもモバイルですから、安定性に対して懐疑的な方もいるでしょう?だけど、最近はモバイルの環境が整備され、安定性は割りと良くなっています。なので、モバイルとは言えども、バカには出来ないです。
Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリーの消費を減らす部分が強化されたWiMAX端末です。


その理由は、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOは通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が著しかったからなのです。

それで、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと言う機能が新たに搭載されました。

合わせて、三日間の総通信量が表示される機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限への対応がしやすくなりました。



近年のWiMAXサービスと言えば、au 4G LTEと言う通信回線に対応しているWiMAX端末も登場しています。au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線で、日本の人口カバー率99%を超えている、とても繋がりやすい通信回線なのです。800MHzと言った低周波数域を使うプラチナバンドで、物質があっても貫通したり回り込んだりして、奥まった場所まで電波が届きやすいです。今までのau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsに対応しているエリアとか、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も増えて来ています。
WiMAXサービスを提供するPEPABO WiMAXと言うプロバイダには、通常3種類の料金プランが存在します。


28000円の高い現金キャッシュバックが貰える通常プランや、月額料金が低価格な通常プランである月額割引プラン。加えて、ギガ放題プランを2年間通常プランの月額料金で利用出来る料金プランが存在します。

たまに、もっと月額料金の安価なタイムセールと言う料金プランも登場する事がありますけど、これはいつもラインナップされている料金プランではありません。

電気屋で、光回線を店員からお勧めされました。WiMAXで満足している私ですし、必然的に、光回線の契約は考える余地も無いです。
ですから、必要ない意思を店員に対して伝えると、呆れるような営業トークをされました。


WiMAXなんて、天気の悪い日は受信が悪くなるでしょう?ですが、毎日愛用しているWiMAXではありますけれど、WiMAXが天候に左右されると言う経験は一度もありません。



豪雨の中であっても、WiMAXへの悪影響は経験した事がありません。
WiMAXサービスを展開しているプロバイダなのですが、幾つかあります。各プロバイダのキャンペーン特典でお得感に差がありますので、そのあたり、気を付けましょう。例を出すと、長く契約期間を続けるなら、Broad WiMAXと言うプロバイダが最もお得な月額料金になります。


こう言った風に、それぞれの契約先で契約の内容が異なりますから、少しでもお得なプロバイダと契約を行うのが望ましいでしょう。
飾り線上

WiMAXを提供するプロバイダですが、何社かあ

飾り線下
WiMAXを提供するプロバイダですが、何社かあります。



各プロバイダで契約内容に違いが出て来ますので、その辺、注意しましょう。一つの例ですが、セキュリティーサービスの付いたWiMAXサービスを利用したいのであれば、So-netモバイル WiMAX 2+がマッチしたプロバイダと言う事になります。つまり、契約先となるプロバイダによりお得感に差が出ますから、慎重に契約先は選ぶのが望ましいです。Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリー消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。と言うのも、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがある一方で、バッテリー消費が著しかったからなのです。そんな訳から、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと言う機能が新たに搭載されました。

合わせて、三日間の総通信量が表示される機能が新たに搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対応がしやすくなりました。


WiMAXサービスを運営しているのプロバイダの中には、完全オリジナルのキャンペーン特典が準備されているところもあります。


例を挙げれば、DTI WiMAX 2+ってプロバイダだと、DTI Club OffってDTI会員限定のオリジナル割引特典が利用出来ます。DTI Club Offとは、全国各所にある宿泊施設やレジャー施設、その他、スポーツクラブやインテリアショップ、レストランや居酒屋などなど、さまざまなサービスを特別な優待価格で利用する事が出来ます。映画のチケットやミュージカル、美術館やカラオケなど、書き尽くせない程対応するサービスは幅広いですから、色んな人にお得感を感じて貰う事が出来ます。
WiMAX通信の出来る端末の大きさは、スマートフォンよりも小型です。従って、持ち出しに便利です。ポケットに入り切るサイズですし、重さや厚みは大した事なく、ポケットに入れた状態で座っても大丈夫です。ワイマックス通信機は、スマートフォンアプリを使用して操作する事が出来ます。

その為、WiMAX端末をカバンの中に入れ、そのまま使用する事も出来ます。



BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約を行なえば、二種類あるキャッシュバック特典から好きな方を選択する事が出来ます。一つ目のキャッシュバックキャンペーンが契約12ヵ月目に手続き開始になる現金キャッシュバックで、もう一つが24ヵ月の間継続して毎月900G貰えるGポイントでのキャッシュバックです。

Gポイントの方が貰える金額が少し多く、BIGLOBE IDとGポイント会員IDの対応付けを行った段階から貰えるのに加え、貰い損なってしまう危険性も現金キャッシュバックより低いです。GポイントはBIGLOBE WiMAX 2+の使用料金の支払いに利用出来ますし、SuicaポイントやWAONポイントや航空マイルなどの約140社のポイントに変換出来ます。



URoad-StickはUSBサイズの軽量かつコンパクトなWiMAX端末でして、持ち歩き性が良くて便利です。URoad-StickをUSBポートに接続することで、そこから給電しながら使用する事が出来ます。ややこしいセットアップも不要で使用出来ますから、そんな手軽さが人気のWiMAX端末になっています。


対応している通信回線はWiMAXやWiMAX 2+で、下り最大通信速度としては110Mbps出力する事が出来ます。
利便性の高さが評判のWiMAXサービスではありますけど、速度制限の事も考えつつ使用するようにしましょう。



他のモバイルサービスと比べると、そんなにWiMAXは厳しめな速度制限を設定していません。

とは言え、一定の通信量を超えると速度制限の対象となりますから、時々は通信量を気にかけると良いでしょう。ただ、速度制限が掛けられてしまったケースであっても、そこまでシビアなインターネット環境になる事はありません。WiMAXのサービスの中で、最もサポート関連がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。WiMAXサービスに対してデータベースを一番持っていますし、トラブルが起きた際のフォローも最も早くて的確で、電話サポートの対応時間も最長です。

けれども、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の内容がイマイチですから、代理店と契約を行なうと言う方法もあります。

代理店ならキャンペーンの中身がそれなりに充実していますし、サポート関連はUQ WiMAXを利用出来ると言う良いとこ取りが出来ます。


WiMAXの契約を行う際、料金プランを選択する必要があります。プロバイダ毎でそれぞれの料金プランがありますが、ざっくりと2種類の料金プランに分類する事が出来ます。2種類の料金プランは何かと言うと、ギガ放題プランと言う料金プランと通常プランと言う料金プランです。ギガ放題プランは高額な月額料金になりますが、通信量による帯域制限が緩いので、お得感は大きいです。

逆に、通常プランは安価なものの、速度制限の規制が厳しくなる分、使い勝手は悪くなります。


自分が1ヵ月でどれくらいの通信を行なうか照らし合わせて、お好みの料金プランで契約を行いましょう。

GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みを行なえば、月額料金の支払いの度にGMOポイントが100pt貯まります。
貰えたGMOポイントはBBウォレットで100円に換金出来、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金の支払いに利用する事が出来ます。


BBウォレットの残高にお金を入れておくと、自動的にGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金として利用されます。合わせて、GMOポイントは約2万店の提携店のネットショッピングで現金の代わりとして使用出来たり、クーポンサイトであるくまポンで現金代わりに使用する事も出来ます。
飾り線上

BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXサ

飾り線下
BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みを行なうと、二種類のキャッシュバック特典から任意のキャッシュバックキャンペーンを選択する事が出来ます。一つ目が契約12ヵ月目に手続き開始になる現金キャッシュバックで、もう一つのキャッシュバックキャンペーンが24ヵ月の間継続して毎月900G貰えるGポイントでのキャッシュバックです。

Gポイントの方が受け取れる金額が若干多く、早い時期から貰えるのに加え、受取り損ねてしまう危険性も現金キャッシュバックより低いです。
GポイントはBIGLOBE WiMAX 2+の月額料金の支払いに利用可能ですし、楽天ポイントやnanacoポイントやAmazonギフト券などの約140社のポイントに変換出来ます。携帯型タイプのインターネットサービスは、WiMAXの他にも様々なサービスがあります。具体例を出すと、速度制限のないぷららモバイルLTEと言うサービスが存在します。


ぷららモバイルLTE速度制限が無いと言う話は間違いなくそうですが、下りの最大通信速度はたった3Mbpsしか出ません。この通信速度なのですが、速度制限時のWiMAXの通信速度よりも遅いです。

そう言う理由で、速度制限は無いと言うウリ文句ではありますが、WiMAXと比較すると、常に速度制限状態だと言えます。So-net モバイル WiMAX 2+にてWiMAXサービスの契約を行なうメリットですが、セキュリティサービスが利点の一つとして挙げられます。その訳は、So-netのインターネットサービスはWiMAXだけに限らず、セキュリティサービスが付いて来ると言う点で好評なのです。付いて来るセキュリティサービスと言うのはカスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティのことで、WindowsとMacとAndroidの三種類のOSに対応していて、最大で5台の機器に対してまでインストールする事が出来ます。

カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティと言うソフトを機器内にインストールする事によって、ウイルスやハッキングやフィッシング詐欺などの色々な危険に対処する事が出来る点が、非常にありがたいキャンペーン特典と言えるでしょう。

WiMAXサービスに申し込んだ事で、私の日常は大きく一変しました。
一番大きかったのが、スマートフォンで7G制限を気にする事がなくなりました。Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットをするので、スマホで使用出来る通信量は消費しなくなった訳です。



そんな事から、スマホサイトにムービーが設置されている場合であっても、気にせずPCのように観れるようになりました。

WiMAXと言うインターネットサービスの提供元となるのは、auの子会社のUQコミュニケーションズなのです。


だから、auと連携したサービスがいくつか存在します。そんな中で代表的なのが、auスマートバリューmineとなります。

WiMAXの契約を行った後にauにて手続きを行なうと、auの月額料金が割引きされるサービスです。WiMAXを取得すると、WiMAX本体しか必要ないから、家の中がすっきりします。



光回線だと電話線とモデムと無線ルーターが必要で、その間をケーブルで結ぶ必要性があります。
モデムは毎月レンタル料金が掛かり、月額料金に追加課金されます。加えて、モデムに無線カードを差し込む事も可能ですが、無線カードを使用する月はレンタル料を取られてしまいます。

今のネット業界の動向を見ていると、モバイルへの移行が進んでいる傾向が見て取れます。契約した建物内でしか使えないと言った従来の概念とは異なるので、利便性と言う点では大幅に向上しています。ですが、モバイルだとどうしても、どれだけ通信が安定するのか気になって来るところではあります。ですけれども、モバイルの整備は目まぐるしく進んでいますから、通信状態は安定しています。
と言う事なので、モバイルは無線だからと言っても不安定ではありません。

UQ WiMAXサービスには様々な契約プランがありますけど、25ヵ月間に渡る契約が一般的です。
その訳は、25ヵ月間縛りの契約を結ぶ事で、25ヵ月間の月額使用料が500円分割引きになるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。


なおかつ、申し込みから26ヵ月が経過すると長期利用割引が適用される為、その結果、ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを継続利用する事が出来ます。
500円と聞くとそんなに大した金額ではありませんけど、割引きは毎月の事ですので、お得感はどんどん積もり積もって大きくなります。


WiMAXの機器は、日々性能が上がって来ています。何より、通信速度の向上が際立って、今の段階で、下りの最大通信速度で220Mbps出ます。



でも、ここのところは通信速度より、総通信量が重要視されている傾向が見られます。最新WiMAX端末のWX02やW02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が強化されました。なぜかと言えば、3日間で3GB以上の通信を行った場合に適用される混雑回避の為の速度制限、これが適用されやすくなって、利便性がガクンと落ちたのです。そう言う訳で、メーカーやユーザー的には、優先度が変化して来たのです。



WiMAXサービスを提供しているプロバイダの中でも、少し変わっているのが3WiMAXと言うプロバイダです。


WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAXの系列のものが殆どなのですが、3WiMAXはKDDI系統のWiMAXサービスを取り扱っています。なんで、3WiMAXには提供されているWiMAX端末の機種が、他のプロバイダとは全く違います。
具体例ですが、3波を使用するキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出るUSBサイズのWiMAX端末となるSpeed USB STICK U01は、UQ WiMAX系列のプロバイダではランナップされていません。




Copyright (C) 2014 インターネットの契約手引書 All Rights Reserved.